コンパス

荒川区精神障がい者相談支援事業所コンパス

一緒に歩む相談支援でありたい

~こころの病をお持ちの方の相談に応じています~

相談者の悩みは簡単に解決できず、困難なこともあるかもしれません。それにすぐに応えられないことも多いかもしれません。

相談支援は決して一方通行のものではなく、相談者、私たちの相互作用の中から道が開けていくと実感しています。

コンパスでは、相談者の方に寄り添い、一緒に考え、悩み、歩んでいくことを大事にしています。

精神保健福祉体制を整備します

目の前の相談者との関わりをひとつひとつ大切にし、コンパスのみならず、荒川区全体の精神保健福祉の向上に寄与していきたいと考えています。
行政、福祉支援機関、医療機関等との連携も行いながら、日々の積み重ねを荒川区に還元していきたいと思います。

・・・コンパススタッフの力は微力かもしれません・・・

これまで出会った当事者の皆さんの多様なリカバリー経験が、これから出会う方々のリカバリーにつながるのではないかと感じています。
私たちは、法人立ち上げ当初から、ピアサポーターと専門職の協働に取り組んできました。
スタッフの力だけでなく、これまで出会った当事者の方の力も借りながら、より良い実践を積み重ね、新たな相談スタイルの確立を目指していきます。

リカバリーとは

「リカバリー」とは「障害のある者がありのまま、自分らしく生きようとすること」を意味します。
「障害や病気からの直接的回復」を意味するわけではありません。
障害を持ちながらも、「こんな風に生きたい」、「こんな事がしたい」等、障がい当事者が、自分自身の人生を自分らしく歩んでいこうとすること、その経過、その理念を表現する言葉です。

コンパスが提供する
相談支援サービス

  • 福祉サービスを利用するための情報提供等を行います
    例えば、ヘルパーや就労移行支援などの使い方や条件などについて情報提供します。
  • 社会資源を活用するための支援を行います
    障害福祉サービスに限らず、日常のちょっと困った時に使える人、物、制度などをご案内します。
  • 社会生活力を高めるための支援を行います
    一歩を踏み出す勇気がでるように、また他者とのかかわりの中からリカバリーを図っていけるように支援いたします。
  • 権利擁護のために必要な援助を行います
    安心して本音を話せる関係性を大事にしながら、ご利用者の権利行使を支援いたします。
  • 障がい者のニーズに応じた専門機関の紹介を行います
    ご相談内容にあった専門機関を関係機関のネットワーク等も活用しながらご案内いたします。
  • 地域生活において障がい者等が必要とする相談支援を行います
    その他、暮らしの中で生じる様々な願いや困りごとをお聞きして、解決策を一緒に考えさせていただきます。
    コンパスだけでは解決困難なことについては専門機関等の紹介を行います。

コ ラ ム

当法人は設立以降、ピアサポーター、専門職が一緒に働き、その協働を模索してきました。
当初からその協働が効果的なものだったわけではありません。

お互いその取り組みを悩み、困惑した時期もあったように思います。
ただ、日々の実践を積む重ねる中で、今では協働が当たり前のものとなっています。

その過程においては、何か特別なことがあったわけではありません。

ピアサポーター、専門職という枠だけで相互をとらえるのではなく、一人の人としてお互いの強みや課題、人柄を知る時間を重ねることで、協働の形が作られてきました。
もちろん、その中でピアサポーターの持っている経験、専門職が持つ知見などの強みも共有する中で、より良い支援につながっていったと思います。

全国的にピアサポーターの実践は注目される時代です。
ピアとの協働は何か完成した形があるわけではないと思います。
ピアサポーターの個性、専門職の個性がどう融合するか、それぞれの形があり、それを模索する姿勢が大事なのかもしれません。
コンパスとしてもその姿勢を常に大事にし、目の前の相談者に還元できる試みを続けていきたいと考えています。

荒川区に住所があり、精神障がいをお持ちの方と
そのご家族等からのご相談に応じて、
情報提供や相談支援等を行います。
お気軽にご連絡ください。

コンパスTEL:03-6806-5322
(平日 8:30-17:30)

コンパスへのアクセスはこちら

TOP